依頼するならこの方法が1番!太陽光発電投資を儲ける方法教えます!

最も利回りが良い土地付き太陽光発電投資

一口に太陽光発電投資といっても、ファンドへの出資や自宅屋根へのソーラーパネル設置など色々ありますが、最も利回りが高い方法が土地付き太陽光発電システムへの投資です。
本投資のメリットは融資を受けやすいこと。土地に担保価値があるため、国や自治体団体から低金利の資金を調達出来ます。低金利の資金で大型設備を設置することにより、テコの原理を生かした資金効率の良い投資が実現するというわけです。また、20年間の売電期間が終わった後は、別の用途に土地を再利用出来ます。
ただし、所有する土地に対して毎年固定資産税が課せられ、老朽化が進んだ設備の撤去にも費用が掛かります。台風被害を想定した損害保険の保険料率の設定が難しく、何より初期投資コストが嵩みます。利回りは良いですが、このように個人投資家にとって参入ハードルが高すぎる点がネックといえます。

投資のしやすさが魅力の太陽光発電ファンド

利回りでこそ土地付き太陽光発電システムへの投資に劣りますが、簡便さで人気を集めているのが太陽光発電ファンドです。合同会社が市民から募った資金で大型発電所を建造し、その売電益を分配する仕組みを持ちます。
太陽光発電ファンドのメリットは、参加しやすいこと。ファンドによりますが投資額は一口100万円からとなっており、住宅用発電パネル設置よりもずっと低額です。また、発電所のメンテナンスなどの面倒なことは全て合同会社に任せられます。実際の利回りは平均5%前後。政府が買取りを保証しており、売電先が大手電力会社であるという安全性の高さを考えると破格の水準といえます。
唯一の注意点は、地震による設備倒壊リスクです。現在の日本においては、地震による発電所の金銭的損失を補償する保険がないためです。とはいえ殆どのファンドは、地震リスクの少ない土地を選定しているため、さほど心配する必要は無いでしょう。