空の太陽から得られる無尽蔵の電力が投資になります!

住宅用と産業用それぞれの太陽光発電システムの概要を知ろう

太陽光発電システムは、住宅用と産業用の2種類に分けられます。
住宅用太陽光発電システムにおけるソーラーパネルは、基本的に陽当たりの良い屋根南側に設置されます。パネルが生み出した電気は、パワーコンディショナーと呼ばれる変換装置によって家庭でも使えるようになります。住宅用の発電システムにおいて全量買取りは出来ません。余ったぶんだけ電力会社に売電できます。余った電気は売電メーターによって計測され、後日その数値に応じて電力会社から入金されます。
産業用太陽光発電システムの基本的な仕組みは、住宅用のそれと同様ですが非常に規模が大きく、全量買取り可能な点が大きな違いです。最低でも2000万円近い資金が必要となるため、住宅用に比べると参加ハードルは高めです。

太陽光発電投資のメリットと注意点を把握しよう

太陽光発電システムは、環境保護で社会に貢献できるだけでなく投資先としても非常に有望です。
その理由は、国が売電期間と価格を保証する固定価格買取り制度にあります。最長20年間も安定した価格で売電できるため、安定収入が見込めるというわけです。平均利回りは7~8%とマンション投資並の高水準ですが、業者に全ての管理を任せられる点が大きな違いです。
太陽光発電投資における注意点は、ソーラーパネルの需要です。毎年しっかりメンテナンスを行ったとしても約25年程度で寿命を迎えます。天候によって発電量が激変することも注意したいポイント。日照時間が短い地域においては利回りが推定より大きく下がることがあり得ます。
太陽光発電投資は現物だけでなくファンドへの出資という形でも行えます。現物投資に比べると利回りは数%下がりますが、ファンドが運用する大型発電所による安定生産力は魅力です。